首にかけて背中で縄を結んで、そのままチェーンノットを作って下にたらします。首が絞まらないようにしましょう。

チェーンノットの輪から残りの縄を途中まで引き出します。その引き出した縄を前方に廻しておそらく前で結び目を作って腕にかけて縄を後ろに戻します。

モザイクがかかってよく見えませんが、おそらくチェーンノットの輪に再度前方から廻した縄を結び付けている感じです。残った縄で、後ろ手を縛ります。

最後は一瞬で解いていますので、結び方が独特ですね。

チェーンノットの効果をうまく使っている動画ですね。すばらしいですね。

いろんな縛り方がありますので、皆さんもお試しいただければ嬉しいです。