後手縛りからの吊りのやり方です。すばやくやって、吊りまで導く。

すばらしいですね。ただ、長時間の吊りは危険なので、タイマーなどをつかって、時間を決めてやりましょう。