全身拘束から、後手、吊りまで。
手の動き方に注目してみてください。