緊縛といったら「亀甲縛り」というイメージが強いように基本的な縛り方です。もともとは米俵など質量のある物の縛り方だったそうです。そして江戸時代には囚人を護送する際にも使われた縛り方だったそうです。亀甲とは体に這う縄が六角形になることから名がついたそうです。この六角形の数や背中側の縄の回し方は人それぞれで良いそうです。

他の緊縛に比べて、比較的拘束感が少ないが、縄が食い込みながらも人体の性的な部分を誇張するため見栄えが良いのが特徴的です。

また、亀甲縛りは自縛も可能ですし見た目ほど難しくないので、Mの方もぜひ覚えて「縛る」体験をしてみるとSMに対する見方が広がるのではないかと思います。

亀甲縛りだけなら10メートルくらいのロープを用意してロープの両端をそろえます。

そして相手の首にかけ順番に結び目を作ります。上から胸の上、胸の下、ヘソ、恥骨 くらいの辺りに作るとバランス良くなります。

余ったロープを股に通して背中を通って首の後ろまで縄を通します。

それを左右に分けて前に持ってきます。

輪っかに縄を通して、後ろに持っていきます。

後ろで交差させて、また前にもっていきます。

また、先ほどと同じように輪っかを通していきます。

おっぱいのアンダーラインにきっちり合わせると綺麗。

最後は上の方に持っていくと、お尻で縄が緩むことが防げます。

後ろで普通に結びます。

結んだ縄をそろえてぐるぐると上に巻きつけていきます。

動画では後ろで腕を組んでもらって腕を固定していますね。腕を固定すると拘束感がありセクシーです。

終わり。