SMパートナーとの出会い。安全なSMの出会いをプロデュースするトビラの会。【条例届出済】
Menu

嗜好についての考え方

嗜好についての考え方

先に言及しますが、「嗜好ありき」の男性は、モテません。初見の出会いにおいて、「自分はこうしたい、このようになってほしい」とお話する男性はモテないのです。

  • 緊縛をしたい
  • アナルを拡張したい
  • 人形になってほしい
  • 浣腸して排泄しているところを見たい

それを最初に言えばどうなるのか。その嗜好のみは、「やるかやらないか」つまり「お付き合いするのかしないのか」の判断基準となるのです。縛りにつきまいては、9割以上の女性がOKだと思うので問題ないかと思いますが、その他は注意が必要です。

ngdeai

上記の画像が女性からのご意見です。判断が「アナル」だけになっているのがわかるかと思います。もったいないなと思います。

人間ってそれだけではないと思います。お人柄、愛、気遣い、見た目、ファッション、趣味、旅行、非日常・・・さまざまな要素がありその中の一部に異性との共感が生まれおつきあいに至るわけで、お付き合いの可否の決断を嗜好のみにしてしまう会話の持っていきかたをする男性がいますが、もったない。

このような男性は、SMを知らない、女性の心を知らない、まだまだ人として未成熟といっても過言ではないかと思います。人の心の動きをしっていてれ、延々と嗜好の話はしないですし、嗜好という条件交渉はしないです。

どのようにして嗜好を実現していくのか?

まずお会いした女性の経験値がどの程度なのはを探っていく必要がありますが、ご経験豊富な女性は、女性からSMのお話をされるでしょうし、ご経験の少ない女性は自ら率先して話はしません。デートを重ねて、「私のSMを少し軽めにご経験してみませんか?」と提案していく・・・軽めであればOKという女性もたくさんいると思います。

軽めであればOKということは、最初から、スカトロしたい、アナルをほじりたい・・・マンぐり返しの状態で拘束したい、アナルフックをつけたい、鼻フックをつけたいという主張をされる男性はほぼ無理というのがわかると思います。

デートを重ねつつ、逢瀬を重ねる・・・SM的なプレイを何度も経験していくのです。そしてお互いに好きになった時に徐々に、深みを自然と提案していくのです。女性の心に「この男性が好きなことをしてほしい」「なんでも受け入れたい」・・・そのようの思わせるのが先なのです。

「この人の要望ならなんでも受け入れたい」と女性に思わせる能力が先

  • この男性が好きなことをしてほしい
  • 命令は全部聞きたい
  • なんでも受け入れたい

上記のように出会った女性(恋人|信頼で繋がった異性)を思わせてはいかがでしょうか。まずその能力を高めることが大事なのです。

その上で、肉体的で精神的な心地よさを提供していけば良いのです。

例えば、お尻が嫌だった女性がお尻で行けるようになった・・・
そして、お尻がきもちよすぎて、お尻を綺麗にしなければいけない状態だった・・・
そこで浣腸をしなければいけない・・・
浣腸をする・・・
排泄を見る・・・

その流れを繰り返して、さらに変態な状況にしていくのが王道です。最初から、嗜好ありきの男性が嗜好を実現できないのは、上記の順序をとばすからです。

よくやりがちな男性のミスを把握する

男性の課題、女性の課題をオンラインサロンで意見交換しています。かなり参考になるかと思いますのでよかったらご参加ください。女性は無料です。

オンラインサロンを開講しております。こちらです。合わせてご検討いただけたら幸いです。オンラインサロンに入会いただきますと自動的にメルマガも購読できます。

出会いに関するお問い合わせ
メールマガジン購読
  • LINEに送る
  • Facebookでシェア
  • mixiでシェア
  • はてなブックマーク
お問い合わせはこちらから
M女性S女性の成功体験
オンラインSMカウンセリング
レズビアン・バイセクシャル女性のご入会はこちらへ
ゲイ・バイセクシャル男性のご入会はこちらへ
モテ男メルマガバナー
縛り講習会募集バナー
オンラインSMカウンセリング
モテ男メルマガバナー
M女性S女性の成功体験
YOUTUBE恋愛大学
レズビアン・バイセクシャル女性のご入会はこちらへ
ゲイ・バイセクシャル男性のご入会はこちらへ
縛り講習会募集バナー

©トビラの会  ©とびらの会..