SMパートナーとの出会い。安全なSMの出会いをプロデュースするトビラの会。【条例届出済】
Menu

出会い失敗事例|会話編

出会い失敗事例|会話編

会話が最も重要です。女性が嫌な思いをするような会話は避けましょう。信頼関係の構築において、会話は最も重要です。会話の目的は、女性を知ることではないでしょうか。ヒアリング能力が試されます。バランスよく会話の5割以上は女性にしゃべってもらうイメージを持たれると信頼関係は構築しやすいのではないかと思います。

  • CASE01聞く姿勢ばかりとって、質問をしてもらえず話が盛り上がらなかった事例
  • CASE02話しかけるのをやめるとずっと沈黙状態だった事例
  • CASE03何か質問はありますか?と聞いたら、「ファーストキスはいつですか?」と聞かれた事例
  • CASE04キャバクラのNO1の女の子に何人も惚れた話をされていい気分にならなかった事例
  • CASE05どんな質問にも浅い返答ばかりで、S男性として魅力、威厳、パワーを感じることはなかった事例
  • CASE06いきなり本名を聞かれて嫌で、教えたくなかった事例
  • CASE07自分の話ししかしてくれなくて会話がずっと一方向だった事例
  • CASE08仕事何をされているのかと質問。答えに1時間以上かけた事例(50代)
  • CASE09あまり目を見て話してくれなくて、なんだか自信がなさそうな人だった
  • CASE10仕事の愚痴をいってしまった事例(50代)現実に引き戻されてしまった。
  • CASE11女性のプライベートをかなり聞いてしまった事例(50代)駅名は聞かず沿線くらいにしておく。
  • CASE12具体的すぎる性癖を披露してしまった事例(30代)女性は怖がります。
  • CASE13じゃベリ方が嫌だった。
  • CASE14考えている時に、手を頬に当てる癖があって、なんか気持ちが悪かった。
  • CASE15ずっと自慢話とうんちくばかりで、途中で帰りたくなった。
  • CASE16話の9割が男性だった。
  • CASE17お店に着く前に歩きながら、大学や仕事・職種などプライベートな事を聞いてくる事例
  • CASE18「答えにくかったら答えなくて良い」といいながら、プライベートな事を結構聞いてくる事例
  • CASE19お酒を飲む前に酒癖が悪いと宣言された事例
  • CASE20炭酸飲めないと記事に書いてあるのに、把握しておられずビールを勧められた事例
  • CASE21前半からほぼ全てSMの話。普通の趣味の話などが無く、M技術や趣向のアピールばかりだった。
  • CASE22趣味の話が無く、個室じゃなかったので、周りを気にしてしまい、SMの話も出来ないので、全く会話が盛り上がらない事例
  • CASE23仲良くなると返信を求めない取り留めの無いメールを送ると宣言され、意図が理解できなかった事例
  • CASE24話をしているときに割って話を何度もされて、なんかだんだん腹が立った。
  • CASE25出会いの時に終始SMの話をされて、私自身には興味がないのかな?と思った。

異性との距離感を最適に!

非会員様でもメールマガジンをご購読できます。よかったらご検討いただけたら幸いです。

出会いに関するお問い合わせ
メールマガジン購読

  • LINEに送る
  • Facebookでシェア
  • mixiでシェア
  • GooglePlusで共有
  • はてなブックマーク
お問い合わせはこちらから SMで美人になる 恋活・婚活をする 人生を充実させる M女性S女性の成功体験 モテ男セミナー S女性によるM男性カウンセリング開始 M女性による、S男性カウンセリングのご案内 臨床心理士によるカウンセリング モテ男メルマガバナー 女性を幸せにしたい男性へ

©トビラの会  ©とびらの会