SMパートナーとの出会い。安全なSMの出会いをプロデュースするトビラの会。【条例届出済】
Menu

初心者M女性の気持ち〜M女性のコラム

「上から目線」「俺様」「ふんぞり返る」「偉そう」「説教癖」「過度なボディタッチ」「無理矢理」「命令口調」「いきなり「ちゃん」呼び。呼び捨て。」

一般的に、悪いイメージを持たせる言葉を羅列してみましたが、実は受け身気質のM女性も、こういう方、嫌いです。とてもですが、彼に付いていく気持ちになれません。

時々、出逢いの場でお相手のS男性のなかで、羅列したなかの、いくつかに該当される方と、ご一緒させていただく機会がありまして、

「そうなんですね。」
「すごいですね。」

を連呼して、笑顔を作っていても、声のトーンを高めにしていても、内心ではこの場をうまく交わして、無事に帰りつくことだけを考えています。

ご機嫌を損ねてしまったら、デートの時間がますます辛くなりますし、無事に帰還するための防衛手段でもあるのです。

初回や何度かお会いしただけの相手というのは、お酒も入っている場合も多いですし、怒らせたら何をするかわからない、まだ安心は出来ない相手であって、そこに加えて前述した言動、態度等で恐怖心や不信感、嫌悪感を抱いてしまうと、圏外どころか要注意人物として見てしまいます。

現時点で、近くに守ってくれる人は、自分以外にほかにいませんので、あながち、「帰還」「防衛」は大げさでもないのです。

こうした理由でうまくいかなかったデートの後、いつも考えさせられてしまうことがありまして、自称初心者M女の私なのですが、「Sって、ああいうことなのかなぁ?」と疑問が湧きます。

威張った態度で女性蔑視な発言

お店のスタッフさんにも、タクシーの運転手さんにも、私にも、威張った態度で女性蔑視な発言、ゆとり世代(私もここです)の部下を卑下して、自分がいかに優れている先輩かを気持ちよく語る態度、あれを、もしかしたら、S性らしい尊大な一面をアピールしているおつもりなのかもしれません。よくいらっしゃるのです。

「褒めて。」「もっと敬って。」と言われているように聞こえるんですよね。職場の飲み会でも、部下に気を使わせて持ち上げてもらっている方なのかもしれないですね。そういう上司、本当によくいますよね。

うちの父にもよく注意するのですが、「お釣りはとっといて。」と、店員さんやタクシーの運転手さんにするのは、見ていて嫌です。「なに様なの?」って思います。大体、時代錯誤な返事が返ってくるのですが、まぁ、おじいちゃんだから仕方ないか、と父については諦めています(苦笑)

私のような未熟者が「『なに様なの?』みたいな人はドSとは言いません。」等とは、とても言えないですし、やはり、分類するのならS性に該当するのかもしれませんが、少なくとも「恋人」「結婚相手」を探しているM女性の求めるS男性像ではないです。

彼が大事にしているお店を予約してくれたこと

何度かデートをさせていただいている方で、そんなにお話は得意な方ではなく、無言の時間帯も長めで、笑顔も中々出ない方がいらっしゃいました。その日も中々緊張が抜けない調子からはじまったのですが、ワインをテーブルに持ってきてくれたソムリエの男性に場を和ませていただいて、ワインをきっかけに、少しずつ会話が続くようになり、また、静かなことも、ワインや料理の余韻を楽しむのに心地よくて、素敵な時間を過ごすことができました。

後から聞くと、時々利用しているレストランで、お店のスタッフには顔を覚えてもらっているとのことでした。

私は、彼が大事にしているお店を予約してくれたことと、馴染みの店員さんに対して失礼で、偉そうな態度をとっていなかったことが素敵だなぁと思いました。

口下手で、面白い話も出来ないことについて、謝っていただいたのですが、落ち着いた場所で静かにワインを楽しむことが好きだということで、私も同じ気持ちだとお伝えした後で、「似た者同士かもしれないね。」と言われた時はドキドキしました。

自分のことをよく理解されていて、無理に話そうとしなくても、デートの仕方がわかっていていつの間にか相手のペースに持ち込まれたあとで、「似た者同士」というキラーワード。

「真面目で無口で、緊張する相手」という印象から、このデートをきっかけに「冷静で落ち着いた、趣味の良い大人の紳士」に変わったのはいうまでもありません。

お問い合わせはこちらから
M女性S女性の成功体験
YOUTUBE恋愛大学
レズビアン・バイセクシャル女性のご入会はこちらへ
ゲイ・バイセクシャル男性のご入会はこちらへ
モテ男メルマガバナー
M女性S女性の成功体験
YOUTUBE恋愛大学
レズビアン・バイセクシャル女性のご入会はこちらへ
ゲイ・バイセクシャル男性のご入会はこちらへ

©トビラの会  ©とびらの会