人生とは思い出作りの繰り返しであり、思い出の蓄積こそ、人生そのものだと思っています。

相性の合う素晴らしいパートナーと巡り合い、肌を重ね、相手の心地よさを追求しているその時、すべての嫌な「記憶」や抱えている「何か」を、忘れてしまう瞬間があります。そういう瞬間を月に1度でもいいから、獲得することが、人生を楽しみそして前向きに生きる鍵なのかなと思います。

信頼関係と愛。それらが存在するSMは、私たちにとって最高の思い出になります。その最高の思い出を積み重ね、非日常を充実させていく。非日常が充実すれば、日常も充実する。そんな生き方って最高ですよね。

信頼関係の先にある愛。どこまで異性と関係を深めるのか、深めることができるのか。一方で越えてはいけない一線もあり、一筋縄ではいかないもどかしさ。非日常の枠内で収める難しさもあったり、社会生活が充実し、さらに起業するなどして複雑化ている人であればあるほど、そのコントロールは難しくなります。複雑な関係性の中で、シンプルでまっすぐな「愛」を欲求したい、その気持ちを改めて認識してしまいます。

コントロールの難しさの中に、人生の醍醐味があるのかもしれません。楽しくエキサイティングな人生を実現したい。