このコラムの直前の感謝メッセージの記事の文末に、「心の平穏を乱すものをできるだけ避ける方法と、心に平穏をもたらす環境を作る方法の二つを、うまく組み合わせると、生きやすいのかなと思います。」との記載をいたしました。

心の平穏を保つことは、ニアリーイコール、楽に生きることなのかなと思います。よりわかりやすくするために、絵にしてみました。

kokoro-heion

バイオリズムと書いておりますが、すべての事象は株式のチャートのように、短期周期や長期周期、超長期周期などのサイクル的に「動く」ものであり、「感じる」ものであると考えています。

地球の動きそのものが、波を打つように銀河系の中心を軸として周っていて、横から見るとまさに株式チャートなんですよね。同様に地球の周りを回る惑星も同様です。

右に行ったり左にいったり、心電図のように、プルプルしちゃってます。

心の平穏を乱す要因も、出てきては消え、消えては出てくるように、それが必然のごとく現れては消えます。必然であるがゆえに、運命論などが出てくるのかもしれませんし、「それはあながた潜在的に望んでいるもの」などというアドバイスも聞こえてきたりします。総合的に考えると、「自然の法則」とも言えるのかなと思います。

自然の法則であるならば、いかにその流れを自分にフィットさせるのかというのが課題になります。つまり、心にダメージを負わないとか、常にハッピーでいるとか。目的が、「幸せになること」とか「楽に生きること」など、そういったものを目指す場合の戦術は、直前の記事で書いたことなのかなと思います。

悪意から守り、善意を掴み取る。陰を避けて陽を通る。裏切らずに信頼を勝ち得る。いろんな言葉で表現できますが、盾と矛の関係性があるといってもいいと思います。

盾として、「心を乱すものをできるだけ避ける」
矛として、「心に平穏をもたらす環境を作る」

ということでしょうか。戦術を一言で表すと上記になると思います。結構言葉では簡単だけど、現実は難しい。コンセプトだけ理解しておくのもいいのかもしれません。

こんな記事を書くと、「宗教だ!」とレッテル貼りをする人も間違いなくいますが、そのレッテル貼りによる不愉快さについては、「盾」で防ぎたいと思います。