M女性からのメッセージを頂戴しました。少し前のメッセージですが、記事にしたいと思います。

深い関係性というのは、「恋」とか「愛」ではないかという気がします。その深い関係性を構築するには、「連続する信頼」「継続する信頼」が必要かと思います。「信頼」がなければ、何も始まらず、「信頼」はすべての関係性の入り口だと思っています。

特にSM的な関係性は、「信頼」をベースとして、「恋」や「愛」の表現方法の一つである「好き」という観念がないと構築できないと思っています。その意味で、「恋」とか「愛」を煩わしいと思っていらっしゃる方は、もしかしたらSMそのものの関係性(プライベートな関係)は構築及び維持できないのかなとも思います。

mochi

いろんな趣味があると思います。長く生きていれば、様々なことに興味が湧き、知識も増え、物事に対する「うんちく」ではないのですが、「面白さ」というのが理解できると思います。なので多様な見聞きした「事象」の中で、その「面白さ」と紐付けて、異性の趣味の話にも合わせられるし、できると思っています。

「趣味が合わない」ということは、実はほとんどないのではないかと思っています。実際、どんな趣味の会話でも、面白いです。

おそらく、上記画像のメッセージの出会いにおいても、男性側の潤沢な知識をもって「合わせられたのかな」というニュアンスも感じました。カフェがお好きとのことで、過去の「ご経験」や「気づき」を言葉で表現し、盛り上がったのではないかと思っております。

どんな会話でもできること、つまり「引き出しを多くする」ということは、男性にとっても、女性にとっても、今後のコミュニケーションを楽に楽しくする意味でも必要で、常に何かを発見する、気づく、洞察する癖をつけると、あやゆるコミュニケーションに対応できるのではないかと思っています。

異性とのコミュニケーションは、人生を楽しくします。生きがいにもなりますし、何よりも心が熱くなり、「生きている」ということを実感できます。「引き出しを多くする」とは、楽しい人生、幸せな人生を送るための戦術でもあるのかなと思います。