SMは人生の幸せを追求するための一つの手段です。人生のスパイスというのでしょうか、「人生」や「性」や「生」や「精」(生物の根源にあるもの)や「世」や「成」や「誠」を楽しむための切り口の一つです。依存してしまうと、SMができない事が不幸になってしまい、本末転倒です。

依存するとどうなるのかという説明の前に、依存しないために、又は気軽に楽しむためにはどうするのかということを先に記載したいと思います。結局SMを長く楽しむためのコツになっています。

【SMに依存しないためには】

(1)日常と非日常を明確に分ける事

SM行為という非日常が1日一回でもいいし、1週間に一回でもいいし、1ヶ月に一回でもいいかもしれませんが、必ず日常と非日常で気持ちの切り替えが必要です。日常と非日常が混在すると心が乱れて、混乱します。

(2)自律している事

自分を律するために、日常を充実させることが必要になります。仕事を楽しんだり、趣味を楽しんだり。日常と非日常をわけるルールがあるといいですが、仮にルールがあれば、それを「守る」という自律心が必要です。ルールは、例えば、必ずホテルに入ったらM性になるとか、S性と会っている時だけとか・・・

簡単にできることだと思います。

【SMに依存するとどうなるのか】

しかし、残念ながらそれができない方もおられます。それはアルコール依存症になる方やセックス依存症になっている、もしくはなりやすい方です。もし仮に依存症的なものがご自身にあるとすればSMの世界には来ないほうが無難なのではないかと思っています。

SMに依存した場合の具体的な行動は以下のようなものになりますが、これもバランスです。全てが悪いといっているわけではなく、日常と非日常を区別している人が以下の行為をしても問題ありません。

【依存ループ】

常日頃、SMという非日常に頭を支配されたら、男性は、なんだか「めんどう」と思って、逆にその女性は男性にモテなくなります。

男性からモテなくなるので、以下のことをやってしまいます。

・ネットの掲示板で見ず知らずのS男性を常に探している
・仕事に手につかず、職場でオナニーをする

仕事が手につかなかったり、周りが見えなくなるから、

・自分の主観でしか物事を見なくなり、ますます人として、そして女性としての魅力を失う
・主観つまり感情が支配し、人の0.01%の言動だけをみて、一瞬の感情だけで、その人を悪いとか嫌いとか最低とか思ってしまう

よって、さらに女性や男性の友人も失い、男性はさらに近寄らなくなり、一人になる。でさらにループ。

加えて、SMとは、心の真実を求める行為でもあります。S男性にとってそれは神経を消耗する究極の心理戦です。だからこそ、依存状態になったときに、S性の消耗状態は半端なく、結局パートナーシップも長く続かないことになります。

つまり、SMを長く楽しみたいのであれば、依存しない、心のバランスを常に保つ必要があるのです。

【S男性側のやっては行けない行為】

S男性側は、女性がSMに依存しないように、バランスをとった対応が必要になります。日常の場所で非日常行為をさせないことが重要で、例えば、「誰もいないリビングで、オナニーをして写真をとって送れ」というのは、日常と非日常が混在し混乱するために、依存状態になるリスクが高く、やってはいけない行為です。

メール調教という単語もありますが、依存状態に陥りやすい行為なのでさけた方が無難です。野外とかもしかり。依存しない確信があれば別ですが・・