女性会員数の増加とともに、男性の会員数も徐々に増加しています。女性の数よりも少なめに男性会員数を制限しています。良い男性が少ないというのもあるかもしれません。特に女性による男性面談の評価は厳しい傾向にありますが、逆にそれを通った方の大半が、パートナーを見つけられている状況です。

女性の面談担当者は、何と言っても説明がうまかったり、出会った女性に失礼にならないような仕草や態度を指摘してくれるようで、そういった意見をきちんと参考にされる男性は、やはりモテるといいますか、ポテンシャルがありますよね。

今現在、20代から30代の独身男性のニーズが一番高いといったところでしょうか。20代30代の独身女性の数が女性全体の6割程度かと思います。女性の独身者数でみると女性全体の8割くらいでしょうか。ただ、一方で季節要因もあるのかもしれませんが、40代の既婚の女性の数もかなり増えてきておりますので、その意味で50代の既婚者のニーズも高まりつつあります。

danseizou

残念ながら60代の男性は、トラブルというトラブルではありませんが、出会った女性からのクレームが来る方が大半ですので、面談しない方針としています。理由は、触るとかエレベーターで二人きりになったらエロオヤジになるとか、そのレベル感なので、だいたい50代半ばあたりからその傾向が強いのですが、50代後半より年上の男性は、あまり面談する気にもならないのが現状です。

また、当会のページにも記載しているのですが、当日口説く意味合いであったりデメリットを全く理解されないし、もはや女性と食事をするときの癖が出来上がっちゃっているので修正しようがないのかもしれませんが、下品な方が多いです。

一方、30代、40代男性でも、イケメンであっても、仕事の愚痴であったり、一方的なしゃべりしか出来なかったりする方もおられますので、そういった方はパートナーを見つけることができない傾向があります。この辺りって、いくら指摘してももう治らないですよね。なので場数をこなす方向か、それとも、自然消滅のどちらかです。しゃべりに知性がないと、「薄っぺらい」という評価になりがちで、SMという高度な大人の遊びというレベル感とマッチしないと評価されます。

スクリーンショット 2015-06-23 1.47.48

上記の画像はメールのキャプチャーでして、結構厳しい意見ですが、これが現実です。私ども担当者の大半が、経営者として成功しすべてにおいて余裕があります。なので、男性に関しては「あまり」妥協しない(=多少は妥協する)というスタンスでいることと、サイトにあれだけの事例や考え方を記載していることから、女性の男性会員に対する期待感は高いものと認識しています。とはいっても、「努力を惜しまない」という男性については、とことんサポートしたりもしています。そうやってサポートさせていただいた方が、素敵な女性と恋に落ち、お付き合いされている事例も多数ございます。なので、一概にもう成功して出来上がっている人だけを入会させるものではありません。

ほぼ全ての女性が、男性には品格とか器感、知性を求められます。コミュニケーションスキルが最も大事かもしれません。コミュニーションとは、その場の雰囲気を作りますし、内容や仕草によって、異性の心に高揚感や期待感を持たせる効果があります。

SMをやるにあたっては女性がそれらの要素にこだわるのは当然のことで、それらがすべて「信頼の源」だからです。下品な方は下品で、それはやはり服装にも現れるし、喋り方にも現れれます。その意味で、面談というアクションは極めて大事だと認識しています。

ただ、いくら面談で大丈夫でも、実際に女性と出会うと、変貌される方もおられます。もしくは、内面にどこか抜けているとか、面談ではわからないものを起因とした様々な事例が発生しますので、事例が発生したら、きちんと男性にも説明し、いわばレビューでありますが、そういった「言及」で成長する方しない方もいます。成長しない方に関しましては、ご紹介は極めて難しくなります。