自分の嗜好をアピールしたがりなのがモテない男性の特徴だったりします。女性からすれば嗜好そのものは、相手があって初めて心地よいものであったり安心できるものであったりするわけで、最初の出会いから具体的すぎる変態嗜好をアピールするのは順序が違う気がします。

出会いの目的は、お二人の間に「信頼関係」という関係性を構築できるのかどうかを確認することです。男性からすると信頼関係を構築できる人物であることを女性にアピールすることだと思います。

信頼関係の構築に、具体的な変態嗜好のアピールは効果的なのかと考えれば一目瞭然で、逆効果。もちろんお酒が入ってお互いの気持ちがほぐれて、「なんかすごく楽しい!」とかそういった雰囲気を実現できたのならば、問題なく冗談を交えながらアピール合戦でもやったらよいと思います。

そういった心と心の交流無しに、いきなり嗜好の話であったり、ずっとSMの話であったりというのは、順序が逆。

女性にとっての嗜好は、相手があっての「もの」である場合が多いです。相手に合わせられる人もいれば、もちろん合わせられない人もいます。お互いに内に秘めた嗜好というものがあると思います。それは、SM的な関係を開始し、継続するなかで、時間の経過とともにゆっくりと実現していくものです。

SM的な関係性を構築できない男性には、女性の「心の動き」や「変化」、「バックグランウンド」とか「立場」とかそういったものを理解しようとしないという特徴があります。出会いの場においては、相手を知ることに時間を割いたらどうかなと思います。

このように書くとモテない男性は相手を知るために「嗜好はなんですか?」と聞かれる人もいるかもしれませんが、そうではなく、なんといいますか・・・美意識の問題なんですよね。なかなか言葉では伝えられない、感受性とか洞察力の問題です。

出会いからSM的な関係性に入っていかれる場合の「嗜好の実現」について、図にしてみたいと思います。