時折M女性からのメッセージを書かせていただいておりますが、今回はS男性からのメッセージを記載したいと思います。誤字の件についてはご容赦ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-11-03-14-56-33

「この度は大変お世話になります。昨日の●さまとの件、本当に楽しい夜となりました。お互いに東京に長くいたということもあり、お話も弾み、またかなりのご経験者ということで、sm特に緊縛について、こんなにも深く、楽しく談義ができたことは始めてでございました。●様も緊縛へのこだわりについて熱く語っておられましたので、ご満足されたのではないかと思います。また、女性としても可愛らしく上品で、お年の割に30歳代に見える若々しさと、お肌も艶々しておられ、これこそがsmによって女性が美しく、魅惑的になるということか?と感じさせられました。そして●様のお嬢様のような上品さと、緊縛へのこだわりとのコントラストがまた一層●様の魅力を増幅させているのではないかと感じました。次回は●●にご招待することになりましたが、お話しからして、残念ながら私は●様が満足されるレベルの緊縛技術には達しておらず、腕を挙げなければまだパートナーにはしていただけないなとの実感でございます。というわけで、じっくり親交を深めて行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。まずはご報告まで。」

素敵な出会いですよね。会話の相性や雰囲気の相性があうと、なんだか人生がとても楽しくなると思います。新しい人と人との関係が、「生きる」モチベーションにもなるのではと期待するところです。

一歩踏み出す勇気が、人生を少しでも良い方向に変えるきっかけになると思います。

最近のメルマガ発行状況ですが、以下の通りです。

いろんなテーマが上がってきますが、つい忘れがちになる会話や距離感など、とても勉強になるのではないかと思います。よかったらご購読いただけたら幸いです。一般の恋活婚活にも活かせると思います。

2017年10月31日号 「これでは信頼関係構築以前の問題」という事例
2017年10月27日号 正直、この男性は無理でした!
2017年10月24日号 性的な話と写真見せに関する見解
2017年10月20日号 「メニュー決め」という「心の交流チャンス」を逃した事例
2017年10月17日号 初対面でどこまで踏み込んだ話をすれば良いのか?
2017年10月13日号 ツッコミどころの多さやセンスのズレは一般の恋活婚活でも失敗原因となる!
2017年10月10日号 女性がやってはいけない返答と男性がやってはいけない会話の内容
2017年10月5日号 非日常感を醸し出す服装と雰囲気、紳士的なエスコート、警戒感は薄れる?
2017年10月4日号 メルマガを購読されていない方の古典的で典型的なミス
2017年9月29日号 女性が確実に嫌がる会話の「ネタ」について・・意外と多い会話です !
2017年9月24日号 「相手が何を望んでいるのか理解できていないとこうなる」という事例
2017年9月21日号 「明らかにそのあとホテルに誘われる!」というわかりやすい事例
2017年9月17日号 カッコ良い独自の世界観は、どんな状況でもモテる雰囲気を作り出す!
2017年9月13日号 人生の悪循環に入り始めた女性の事例からみたモテ要素とは?
2017年9月10日号 ハイスペックの男性なのに、男性にありがちな・・・が無い
2017年9月4日号 1つのセンスの崩れが、様々な態様に現れてしまうという事例
2017年9月2日号 バランスが崩れる要因はいらないプライドなのかもしれません
2017年8月27日号 頭が固くならないうちになんとか「モテる男性になるべき」(事例)
2017年8月24日号 自己主張という「若気の至り」は永遠に
2017年8月22日号 自分がどのように見えているのか理解していない事例
2017年8月16日号 猪突猛進タイプの男性がやりがちな間違った「思いやり」について
2017年8月12日号 「心」を安定させ、「器」を大きくする方法について
2017年8月8日号 「次会うときはSMできますか?」と聞かれましたが・・・
2017年8月4日号 人生の「傍観者」がやりがちな「会話の中身」とそれに影響される女性の心
2017年8月1日号 エスコート失敗、見た目の悪さ、やってはいけない会話・・・