SMという特殊な性癖の出会いだからこそ、出会いにおいてはより「常識」が求められると思います。ある種マーケティング手法でもありますが、SMというダークなアンダーグラウンドな精神世界と思われがちなところに、清潔感や安全性を付加したり、ダークで暗いイメージのものを、よりポップで家庭的に演出したりと、様々なアピールの仕方が開発されてきていると感じています。

対人関係も実は同じで、SMというリスクを伴う行為であり、なおかつアブノーマル性のような趣向を追求するような変態性だからこそ、コミュニケーションにおいてはより「常識」が必要になってくると思っています。常識の枠外にありがちなものだからこそ、常識的に対応すべきものだと思っています。

ある地方の出来事でございまして、残念ながら以下のようなメッセージがきてしまいました。

hashi-kutya

  • お食事の際、箸で女性を指す
  • 食べてる時もくちゃくちゃと音を立てる

正直あってはならないことかなと思っています。ビジネスの時のランチミーティングの時はどうでしょうか。和食の個室などで、こういった態度も取引先にされるのでしょうか。ましてや、女性に対してこうであれば、そもそも、女性とパートナーになるという準備ができていないことなのかなと思いました。基本中の基本のような気がしております。

改善されるように努力をされるのか、されないのかは、その方次第だと思います。されなければ、もはや異性を口説くことはできないのではないのかなと思います。