さすがに、この年齢になると、人生が短く感じてしまい、やりたいことは山ほどあるのに、時間もリソースも足りない現状に、不満を感じつつも、10年前よりも余裕があるのはなぜだろうと感じつつ、何やら常に動いています。この前まで小学生だったし、大学生だったし、議論することが生活だったということを懐かしみつつ、そんな懐かしむ時間が勿体無いほどに、思考が絡み合っています。でも小説も書きたいし、テキストも作らなければなりません。

何かを成したいという欲求が、年を重ねるにつれて増してきます。私自身は会社員ではないのですが、10年以上前に某大企業といわれるところを辞職させていただいて、起業したのですが、最初は不安だらけでした。ただ、ある資金調達先があって、私の会社の株式の半分を持っていいただいて、大きな資本金で事業を立ち上げることができたことを記憶しています。

その時には、資金的には、仮に失敗しても2年ほどは生きていけるというような猶予があって、その中で設備投資をして資金を回収して、ということを繰り返しながら、企業組織の問題に悩まされながら生きておりました。最初は初心者でしたので正直いって地獄でした。

しかし、5年ほど前に「この会」を「あるきっかけ」でやることになって、いつの間にか全国的に広がりを見せるようになり、人の面白さ、楽しさ、マイナス的な側面も見ることができ、様々に勉強させていただきました。同時に、人との付き合いにおいて、何が大切なのか、どういった考え方や哲学が受け入れられやすいのか、どういった態度が適しているのか、異性関係における最適な距離感とは・・・など、様々に考える機会を得ることができました。

現在、トビラの会の業務自体は、元会員様、現会員様で運営されており、また全国の協力者の方々の力で運営されています。

トビラの会での経験や、トビラを「きっかけ」として培った人間関係に関するノウハウを何らかの形で、ご協力者の方や会員様に還元できたらいいなと思っています。

1日24時間あるのかないのかわからないイメージでおりますが、少なくとも10代の時間よりも、20代の時間よりも、早く感じます。起きたら、すぐに夜になっているイメージでしょうか。

好きな人と「できるだけ」一緒にいたい、SMを実現したい、縛られていたい、縛りたい・・・様々な欲求があると思いますが、これらの欲求というのは、その実現においてあまり「リスク」はありません。というかほとんど無いと思います。

リスクがあまり無いのであれば、早めの一歩を踏み出した方が良いと思っています。悶々と過ごすよりも、一歩踏み出して見る。限られた時間の中で、実現したいことを実現してみたらいいと思います。人生って冗談みたいなものです。何が正しいのか正しく無いのかは、誰にもわかりません。ただ、分かるのは、「幸せに感じる」「感じないのか」という自分の思いです。

人生って、よりシンプルに考えて、「幸せを感じる」「感じない」にフォーカスすると簡単だと思います。しかし、「幸せである」ことが他人の「不幸に」繋がるという問題も出てくる場合もありますので、意外と難しかったりします。シンプルさのなかに複雑さがある。人生って面白いですね。