ご紹介をしても、すぐに女性に嫌われてしまう男性もいらっしゃいます。

S男性は、M女性と会うときには、全身全霊でもって、女性を雰囲気でもって観察し、女性が発する心の変化を敏感に感じ取る必要があります。

女性の動作の周りをすべて自分がやる気持ちで、まずは接することが必要。

次の女性の行動を読みとり、先周りする。5分先にどのような感情を女性が持つのか、予測して先に動く。

M女性への対応だからといって、亭主関白的なノリの男性は、正直NGです。初対面でそれを望んでいる女性はいません。

そもそも、亭主関白のノリの方はS男性には向いていません。感情を敏感に察することができ、複雑で予測できない物事への対応が可能な男性こそが、S男性としての資格があります。

すべて女性に聞かなければ、わからない。すべて事務局に聞かなければ、教えてもらえなければ動けない。そうではなく、察すること、感じること、行動すること。

それがS男性として認められる要件です。