SM的なパートナーを獲得された女性は、どんどん美しくなります。美しくなる理由はよくわかりませんが、実際久しぶりにお会いすると、魅力的になっている方が多い気がします。

非日常の時間と空間において、SM行為を行い、強烈な快楽に溺れてしまい、心も身体もリセットされる感覚となるわけで、その日の翌日には、心も身体も晴れやかにすがすがしく、日常という時間を有意義に過ごされるわけで。(ほ、ほ、蛍~)非日常が充実すると、日常も充実するという説はここから来ています。

私自身にも、SM的な関係を続けているパートナーがおります。非日常の関係のみに徹しています。日常には手を出さない。例えば、一人暮らしの女性であれば、ご自宅には行かないというようなものです。

しかし、SMというのは、心と心の対話なわけで、やはり相手を理解する度合いは、他の肌と肌のふれあい的な交渉とでは、次元が違いすぎます。結局、そこには恋心が生まれたり、愛が生まれたりもします。どうしても好きになってしまい、自分の傍に居て欲しいと思ったりもします。

その感情が湧き出て、確信を持てる頃合には、女性は美しくなり、日常の充実感によりオーラも輝くわけで、そうなると、日常の中に彼氏ができてしまうわけで。(今日も雲がきれいです。僕と蛍は・・・)

そして、女性の中の私の位置づけがちょっと変化し、どちらかというと劣後していきます。そう、月一の男に成り下がるわけです。

どういうSMライフが理想なのか、それは人ぞれぞれ。恋人関係になる方も居ますし、ご結婚を考えられている方もおられます。もちろん非日常の中だけにとどめておかれる方もいます。ご自身の状況次第のところでありますが、出会いの成功の結果、どういったポジショニングをとるのか、お2人でご相談されるといいのかもしれません。