男性は、歳をとるとあまり服装や見た目にこだわらなくなる人が多い気がします。特に仕事上、技術系、開発系の仕事をされている方は、あまり見た目に気を使わない傾向にあるのかもしれません。また、結構、歳を経るごとに、「普通でいいや」という感覚に陥りがちです。加えて、その「普通」のレベル感が、歳をとるごとに落ちていく気がします。

現在複数名の男性会員様の服装や見た目のアドバイスをさせていただいております。

女性にとって、「一緒に歩いて恥ずかしくない」というのは原則としても、できれば会員様には、女性にとって「いっしょに歩きたい」と思われる見た目まで昇華していただけると、SM出会いの成功確立も飛躍的に高まるのではないでしょうか。

服装や見た目は、その人の「人生のコンセプト」が現れるのではないかと思います。いや、逆で、人生のコンセプトを原理として服装を選んでいくべきかもしれません。

例えば私の場合は、本業においても「スーツは着ない」という方針のもと、逆におしゃれなシャツを多様して、シャツに合わせるコーディネートを行います。

また、「歳をとっても若くいたい」という方針のもと、一般の若い人と同じ格好や価格帯の服ではなく、若い人の一般的な収入ではちょっと買えないなというような、少しだけ価格帯を上げた服や靴を購入したりしています。

服や見た目は、その人のオーラを変えていきます。同時に、人生のコンセプトがさらに先鋭化し、生き方のフィロソフィーをより強固にしていくものであります。自分に自信を持てるようになり、女性との交流において、女性から信頼されるようになっていくものです。

SMにおいて、S男性はM女性のことを常に、気を配り、事故が起きないように、常に様子をうかがう姿勢が必要です。そして心の変化や身体の変化をつかんでいくことで、女性は男性に身を任せるようになると思っています。

S男性におけるご自身への「気配り」は、SMにおけるM女性への「気配り」に繋がります。逆に言えば、ご自身に気配りができなければ、SMをやる資格は無いというふうにも言えるのかもしれません。