SM的な関係、異性関係において、どこまで深くお付き合いするのかというのは、とても大事なテーマです。その人その人の人生において、何かが不足して何かが充足しているもので、特にSMという特殊な出会いにおいては、「不足していること」を「充足させるため」という目的が強いと思います。

ただ、その不足感において、パートナー志向なのか、恋愛志向なのか、結婚志向なのかは、人生のステージによって変わってくるものです。また、パートナーになりSM的な関係を楽しむ中で、恋愛感情が芽生えたり、もっと深く「融合」したい!なんていう気持ちも出てきたりします。

最初の出会いは、やはり信頼関係ができるのかできないのか、その判断になると思います。よく一般の婚活会社でありがちな「条件交渉」、つまり結婚した時にお仕事をどうするかとか子供をどうするかとか、シニアでいえば老後はどこに住むかなどの交渉を、初めての出会いの時にされるという話をよくききます。しかし、その条件交渉が以外と疲れるものなんですよね。

今回の「嬉しい」メッセージにおいても若干の条件的な交渉があったようなニュアンスを感じ取りましたが、それでもなお女性がここまで喜んでいただいたのはとても嬉しいことです。まずはお友達から始められていいのではないかと思います。

気楽な付き合い、飲み友達でもいいでしょうし、少し変態してもいいでしょうし(笑)、そういったゆるい関係性の先に、濃い関係性があってもいいでしょうし、もっと気楽に考えてもいいのかもしれません。

ishihori

「おはようございます。
昨日、●●様とお会いして参りました。お食事もとても美味しく、雰囲気も良いお店でした。
●●様はお話しやすい方で、私の方がペラペラ話してしまいました(笑)
今反省中です。
●●様はSMの事にはしっかりした知識と考えをお持ちの方で、私の気持ちも考えてくださり、これからLINEでお話をしていくことになりました。
まだ、私の考えている関係と、●●様の望まれている関係に違いがあることも事実で、まだこれからどうなるかわかりませんが、しっかり考えていきたいと思っています。
●●様とのセッティング、誠にありがとうございました。私にとって貴重な時間になりました。」

このような出会いがたくさん増えたらいいなと思っています。新しい人生のきっかけになれたら嬉しいです。