結構昔の話しですが、ある50代医師の男性会員様との会話の中で、「20代女性と同じ世代の男性にライバルはいない」ということをおっしゃられて、確かにそうだなと思って納得していました。

その次にくる結論は、「50代男性でも、20代女性をパートナーにすることはできる」ということです。戦術は簡単、以前のコラムにも書きましたが20代男性がやることと真逆の事をすればよいだけ。

そして、20代女性がなぜ30代以上の男性を求めるのかもまさにここに答えあり。

男性は特に若い時には精神年齢が低く、自身のポジションもよくわかっていない場合が多いです。さらにポテンシャルが無いとなると結構きつい。20代はポテンシャルで生きているようなものですし。

セコい
細かい
生意気

私の20代がそうでした。ただ、セコくは無く、細かくもなかったと自負していますが、他の方はどう見ていたのか謎です。

そのまま誰の指導も指摘も受けずに30代になると、厳しい。話しをするだけで不愉快さ抜群。

「生意気」というのはどこからくるのか、なぜそう感じるのか、送り手と受け手の二つの問題があると思いますが、今回は送り手の問題にフォーカス。

(原因)
プライド
相手に負けたくないという競争心
ポジションの理解ミス
(結果)
言動に棘が出てくる。つまり相手を馬鹿にした態度が見え隠れ。

もう少し深く考えないといけないのですが、眠いので後のコラムに譲りますが、30代40代男性においてモテない男性の特徴が、まさに実は20代男性の特徴に似ているというところがありまして、20代の精神年齢を卒業していない人はモテないという現実がそこにあります。