今回のワイン会は、白と赤の両方を味わいながら、ホワイトボードを使って各地域の特徴を説明したいと思います。

白は、
Chablis(シャブリ)の2014年ヴィンテージ、品種はシャルドネ
マコネ地区のPouilly-Fuisséで、ヴィンテージは1994年、品種はシャルドネ

赤は、
ボージョレのスティルワイン(ヌーボーではなく普通のワイン)で品種はガメイ
村名アペラシオンでSantenayの2012年ヴィンテージで、品種はピノノアール
後は広域アペラシオンのワインを用意しようと思っています。

お酒を知ることで、会話の幅が広がります。美味しい料理には美味しいワインが合うと思います。ちょっとしたおつまみも出ますので、よかったらご参加ください。

その他概要や、お申し込みはこちらからお願いいたします。