「精神的に満たされたい」。世の中の大半の方がそう思われているのではないかと思います。健全な精神への追求であるとか欲求であるとか、そういったものかなと思います。

時折、人は、空っぽになったりもします。振られたり、大事な人がいなくなったり、何かに失敗したり、嫌がらせを受けたり。空っぽになったらまた満たせば良いと思っています。人生は、「空っぽになったものを満たしていくことの繰り返し」です。人生って「冗談みたいなもの」で、真剣に考えすぎると立ち直れないことが多いです。だから、あまり真剣に考えずに、気楽に満たせばいいと思っています。「満たす」。ただそれだけ。

生きることの目的が、「精神を満たすこと」であるならば、次に「どうやって精神を満たすのか」とか、「何で精神を満たすのか」の方法論を考えます。

仕事、お金、趣味、食事、友達、家族、異性との会話、セックスなど様々な「何」があります。個々人の人生で何個、精神を満たすファクターを獲得していくのかというのは、人それぞれです。

さらに、貴重な人生の時間を費やしてそれらの要素を深めていくのが、私たちの「人生」になります。

仕事であるならば、リーダーシップとか事業拡大、投資、株式取得、上場など様々です。より深みを追求するわけです。趣味も同様で、例えば食事であれば、食材に関するこだわりを追求したり、ワインの産地やテロワールとその特徴、味わいへの影響、ぶどうの熟成度合や品種による特徴を理解し、味わいをより楽しんだりします。

対「ひと」との関係であれば、より高次な次元、例えばSMを追求したりするわけです。SMの先にあるゴールは「精神を満たすこと」に他なりません。

SMのゴールがわかったら、SMの「何によって」または「どのようにして」満たされるのかの方法論を考えます。

「会話や雰囲気」、「信頼」、「技術」、「プレイ時のプログラム」。

「会話や雰囲気」で相手の心を幸せにする。高揚感や期待感を与える。それによる「信頼」関係の構築。ご自身の高度なもしくは低度な技術に基づき、安全をベースに、相手の心地よさを追求するプログラムを考えていくわけです。

非日常という「時間と空間」を二人で共有し、最高に楽しい思い出を何度も何度も作ったらいいと思っています。眩しくて黄色で、健全で、満たされた新しい人生が切り開かれるます。トビラを開くように。