SMは、同じ趣味嗜好を持つ方同士でしかなかなか話ができないですし、その行為となると実質的に難しい。

だから、当会のようなサービスに対するニーズがあるのかなと思います。

SMが実現できたとき、つまり悶々としていた心のドルビーな響きが、オーケストラと交わり、美しい協奏曲になった状態、いわば顕在化できた時に感じる事は、「人生が二つになった」という気持ちです。

日常の人生を送りながら、別の時間と空間の世界では、もう一人の自分がいる。

SMは、人生を2倍にも3倍にも楽しませるツールのような気がします。

どこかで同じ嗜好の人と繋がっている。同じ嗜好の異性と繋がっている。想いが似ているというだけでも幸せですが、それ以上にそういう行為を共有できたときの喜びは計り知れないものがあります。

人生を二つ持つ。

一度しかない人生。悶々とする必要は無く、トビラを開けて先に進まれてください。時間は有限なんです。