今週は月曜日に32歳M女性との食事会を開催し、昨日木曜日には24歳M女性で、某専門職につくために大学に通われている方との食事会を開催しました。

昨日は、地鶏料理を食べた後にワインバーに伺いました。来週月曜日もおそらく同じ流れて26歳M女性とのお食事会を行います。会員様との交流については、男性女性問わず時折信頼関係構築のために適時開催しております。

特に女性の場合には、ダメなS男性をご紹介すると会への信頼がほぼ無くなるので、正直申し上げて24歳M女性の場合には危なかったところです。

某30代前半の男性会員さんをご紹介に関し、以下の流れでのダメだしネタでお酒が進んだ感じです。

(1)新宿でのお待ち合わせでしたが、S男性から一言。「新宿はあまり知らないから、どこか良いところ知りませんか?」とのこと。

→まず、自分で事前に調べて誘導していくことが大切で、知らないから云々というのは、ちょっと理解できない気がします。しかも女性は学生なんですよね。お金を稼いでいるわけではないからそんなおいしい居酒屋を知っているはずが無いし。

(2)結局チェーン店の居酒屋にて、そしてお会計時に割り勘

→学生にお金をださせる社会人っているもんだなと。男性との面談時にはまったくその点を把握することができなかった私が悪いのですが、これが当会への不信感へ繋がってしまったようです。

(3)食事中の会話で、簡単な単語もあまり知らず、語彙力が無いにも関わらず知ったふり

→知らないことは知らないでいいと思います。結局、会話の中で最初の話しと最後の話しで矛盾点が多々でてきて、「この人なにもの?」みたいな感じになったようです。

(4)結局彼女が思ったのが、気に入られなかったから割り勘にされたのかという疑念でした。

→LINEにて「次、また会いましょう」とのメッセージ。学生はアルバイトで稼いだお金しかないし、割り勘だときついのでお断りということでした。

(5)結果として安心感がゼロ

→それだけの頭の悪さを抱えながらSM行為をすることは、正直言ってかなり事故に遭うリスクが高いとM女性は感じられました。当然のことです。仮に拘束した場合に、苦しいのに気持ちよくなっていると勘違いされたり、鍵をなくされたり、もうそういったレベル。

ということで、彼女をもう一度会に引き戻すために、おいしい料理をごちそうさせていただきました。ワインも最高だったし、オレゴン州産のワイン談義で、ワインバーのマスターとともに盛り上がりました。

彼女にとって人生のプラスになる男性をご紹介していく方向となりました。